RAVPower 26800mAh 何回充電できるかな?

26800mAhという大容量バッテリー、満充電からゼロまで使い切るまで充電を繰り返すテストをしました。

テストの前提や考えてる事。
 (1) モバイルバッテリーの現実的な容量は、記載されている容量の80%くらいしか使えないらしい。
     理由は充放電のロスが結構あるかららしい。(よくわからん)
     今回26800mAhなので、80%というと、、、、、単純計算で21440mAh充電が出来たら良いのか?
 (2) テストに使う機器のバッテリ容量と状態
    ・ iPhone 6  1,810mAh
        ・・・既に2年ほど利用。途中半年位未使用。帰宅後に基本満充電。充電しながら動画など。
    ・ iPhone 6S  1,715mAh
        ・・・まもなく2年、毎日利用。基本的に20%~80%の状態を維持。
    ・ iPad mini 2 6,471mAh
        ・・・中古なので不明。使ってる感じ、劣化してる感はないです。帰宅後にネットや動画で数日使える。
 (3) 毎日0%まで使い切る事はないですよね。多少残容量がある状態を充電開始にします。
     その方がスマホの日常利用に近いですよね。
 (4) 充電するときに電源はつけっぱなし(基本的に利用はしないようにしている)なので、
     充電しながらわずかだけど消費してるから、(1)の計算より少し少なくなると予想。
 (5) モバイルバッテリーがゼロになるまで追加充電しない、テストに数日かかるので、自然放電もあるのか?

 気になるのが、(2)、バッテリーが劣化した時どれだけ充電できるんだろう?
 iPhone6のバッテリーが新品状態で1810mAhとして、劣化率(そんなのあるのか?)が80%とすると、
 1810mAhの80%(1448mAh)しか充電できないのか、充電は1810mAhするが使えるのが1448mAhなのだろうか。
 分からないので、今回は劣化による容量の違いは無い前提にする。
RavPower2680mAh_03



まずは充電。 
RAVPowerの 60W 6ポート 急速充電器にて満タンまで充電。
充電器とバッテリーが同じメーカーだと最適化とかされてるのかな。
A04.jpg

【1日目】
そしてテストに使用する機器。iPhone6,6s,iPadMini2です。 
この時点の残容量は、
 iPhone6 : 38%
 iPhone6s : 17%
 iPhadMini2 : 27%
0100.jpg


この後、写真撮ったりなんだかんだ充電するまで時間経ってしまったが、充電開始して夜中1時頃、もう寝たいので満充電ではないけどココで終了。
iphone6sが6を追い越した感じ。iPhone6sの方が容量小さいからかな。
 iPhone6 : 38%→96% (58%分充電した)
 iPhone6s : 17%→97% (80%分充電した)
0120.jpg


寝る前にiPadMini2充電開始、朝起きて100%になっているのを確認した。モバイルバッテリーのLEDが1個減って3個になった。
  iPhadMini2 : 25%→100%(75%分充電)
0140.jpg

【2日目】
翌日ー、減った分を充電します。

が!
写真が消えてしまった、満充電した事は覚えている。
ザックリ30%から充電したことにしよう! 充電はiPhone6と6sのみ。iPadMini2は充電してない。

 iPhone6 : たぶん、30%→100% (70%分充電した)
 iPhone6s : たぶん 30%→100% (70%分充電した)

【3日目】
翌日ー
 iPhone6 : 29%
 iPhone6s : 22%
0150.jpg

充電完了
 iPhone6 : 29%→100% (71%分充電した)
 iPhone6s : 22%→100% (78%分充電した)
0170.jpg

【4日目】
翌日ー、減った分を充電しまーす。繰り返しなので文章入力するのがメンドーになってきたぞ。
 iPhone6 : 8%
 iPhone6s : 48%
0180.jpg

充電完了。 LEDが2個に減った。
 iPhone6 : 8%→100% (92%分充電した)
 iPhone6s : 48%→100% (52%分充電した)
0190.jpg

【5日目】
繰り返し・・・ 
 iPhone6 : 17%
 iPhone6s : 58%
0200.jpg

で、
iPhone6sが先に充電完了。  100%まで充電したけど写真はまた無い(開き直り)
iPadMini2を接続、充電開始は14%。
0220.jpg

で、モバイルバッテリーのLEDが消えてゼロになりました。
結果として、
 iPhone6 : 17%→100% (83%分充電した)
 iPhone6s : 58%→100% (42%分充電した)
 iPhadMini2 : 14%→65% (51%分充電した)

【最終結果】
0240.jpg

日常利用であれば、「iPhone6系を10回弱+iPadMini2を1.5回」の充電が出来ると考えられる。すごいな。

26800mAhの80%21440mAhには届かなかったが、実際に20445mAhの充電が出来たので、ほぼ計算通り。

安物モバイルバッテリーだと、公称容量に届かない物が多いけど、こちらは公称通りって事ですね。
いいね!

実はこのモバイルバッテリー、USB-Cに対応してるので、対応するノートPCに充電できるらしい。
スマホ充電の為にはもてあます凄いものだけど、ノートPC用に利用する方が本来の使い方なのだろうか。
ノートPCを持ってないので検証できないけど。。

いつかUSB-C対応ノートPCに充電してみたいですね。

以上!
スポンサーサイト

theme : モバイル機器レビュー
genre : 携帯電話・PHS

tag : モバイルバッテリー iphone

comment

Secret

無料blog ホームページ サーバー・ホスティング アフィリエイト・SEO対策
プロフィール

とりとめもなく

Author:とりとめもなく
FXは基本(やっと)勝てるようになった。でも積み重ねた勝ちが、時々一発でもってかれる。まだまだだな。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード